七ツ森古墳ななつもりこふん

竹田市街地から熊本方面へ国道57号線沿いに約8q行った所で、荻町に続く高台にあります。円墳と前方後円墳が各2基づつあり前者は直径20m高さ4m、後者は全長47m高さ6mです。「日本書紀にほんしょき」や「風土記ふどき」などには、第12代景行天皇けいこうてんのうが九州の熊襲くまそを征伐したという伝説があります。その天皇と関わりがあると思われるのが七ッ森古墳です。大正時代の調査では、二つの組み合わせ式石棺の中から6枚の銅鏡どうきょう勾玉まがたま碧玉製釧へきぎょくせいくしろ刀子とうすなどの副葬品が出土しました。