扇森稲荷神社おおぎもりいなりじんじゃ

玉来のお稲荷さまと呼ばれます。1616年(元和2年)に創立しました。その昔、岡藩士が白狐の頭を埋めたことから狐頭こうとうさまとも呼ばれます。赤鳥居と白鳥居があり商売繁盛の御利益あらたかと言われます。旧暦2月の初午の日を中心に3日間、大祭があります。京阪神地方からも参詣者が見えます。